証言(英語)

被爆者の高齢化と少数化により、被爆体験を直接聞くことが次第に難しくなっている中、様々な機関や団体が所有している被爆者の証言を検索することができます。

自由に条件を指定して証言を探す

証言者の名前から検索
被爆当時の年齢から検索     ~       歳
爆心地からの被爆距離から検索
  • 0~0.5km
  • 0.5~1km
  • 1~1.5km
  • 1.5~2km
  • 2km~
  • 入市被爆
  • 救護被爆
  • その他
フリーワードから検索

(町名、工場名などから検索できます)

参考ワード:「大橋町」「三菱」「学校」

よく読まれている証言、被爆場所ごとに証言を探す

▶ よく読まれている証言を探す

359件ヒットしました359件中 151~180件表示
記事名 名前 年齢 被爆距離 サイト名
In the air-raid shelter, there were prisoners of the Allied Forces. 50歳 被爆者の声 - NPO法人 被爆者の声
Kenjiro Ichihara (male) Kenjiro Ichihara 9歳 4km 被爆者からのメッセージ 長崎の声 - 朝日新聞 広島・長崎の記憶
I have forgotten the prayer. 39歳 被爆者の声 - NPO法人 被爆者の声
He was dead with his both arms stretched out for help. 41歳 被爆者の声 - NPO法人 被爆者の声
It was dreadful to hear the groaning of thousands of people. 29歳 被爆者の声 - NPO法人 被爆者の声
It was hell on earth. 36歳 被爆者の声 - NPO法人 被爆者の声
I will work for my country when I get well. 29歳 被爆者の声 - NPO法人 被爆者の声
Tell me your name or I can't tell who you are. 35歳 被爆者の声 - NPO法人 被爆者の声
An Imperial Navy crewman will never die of an injury like this. 被爆者の声 - NPO法人 被爆者の声
Fire started in the Nagasaki Prefectural Office. 40歳 被爆者の声 - NPO法人 被爆者の声
The area around the train station was chaotic. 43歳 被爆者の声 - NPO法人 被爆者の声
Wasn't it a newly developed bomb, the same as the one which was dropped over Hiroshima? 52歳 被爆者の声 - NPO法人 被爆者の声
I could hear shards of glass jingling in the patient's lung. 25歳 被爆者の声 - NPO法人 被爆者の声
The injured huddled like dogs and groaned. 46歳 被爆者の声 - NPO法人 被爆者の声
A mistaken belief killed many people. 27歳 被爆者の声 - NPO法人 被爆者の声
We were like pigs that were nearly beaten to death. 17歳 被爆者の声 - NPO法人 被爆者の声
I felt warm blood in my mouth. 14歳 被爆者の声 - NPO法人 被爆者の声
The mailman was standing, but dead. 47歳 被爆者の声 - NPO法人 被爆者の声
The injured persons made a stepping stone of other injured persons. 20歳 被爆者の声 - NPO法人 被爆者の声
There were cries for help from the victims everywhere, in the surrounding hills and paths. 34歳 被爆者の声 - NPO法人 被爆者の声
A girl had a piece of board stuck in her head. 27歳 被爆者の声 - NPO法人 被爆者の声
Mikie Ushida (female) Mikie Ushida 16歳 3.4km 被爆者からのメッセージ 長崎の声 - 朝日新聞 広島・長崎の記憶
My skin was peeled and hung down. 15歳 被爆者の声 - NPO法人 被爆者の声
Skins were torn off and plopped down. 15歳 被爆者の声 - NPO法人 被爆者の声
I couldn't walk but stepped on the dead bodies. 20歳 被爆者の声 - NPO法人 被爆者の声
Pray to Amida Buddha, my friend 41歳 被爆者の声 - NPO法人 被爆者の声
They got me, his voice was barely heard 9歳 被爆者の声 - NPO法人 被爆者の声
They were shouting from a collapsed house, "Help me!" 44歳 被爆者の声 - NPO法人 被爆者の声
Big trees were blown off. 40歳 被爆者の声 - NPO法人 被爆者の声
The town of Shiroyama was a sea of fire flames. 35歳 被爆者の声 - NPO法人 被爆者の声